不感症の症状や原因、改善方法について

不感症で頭を抱える女性 不感症とは一般的に何らかの事象に対して感情的な反応が起こらないことを指します。
特に性的な刺激に対して何の興奮も覚えないことを指して不感症と呼ぶ場合がありますが、本来はより広い意味を持っています。
人間は感情の動物とされており、外的な刺激に対して何の反応も示さないことが病的と捉えられる場合があります。
しかし性的な刺激に対する反応には体質による個人差があるのが通常です。

性的な不感症は男性にも女性にも見られますが、特に女性の場合は冷感症とも呼ばれます。冷感症とは女性が性交欲を感じない症状のことです。
女性の性交欲は性行為の経験を重ねるごとに発現します。しかし経験を重ねても性交欲を発現しないことがあります。

女性が不感症となる原因は様々ですが、一定の個人差があるのは当然のことです。
過度に問題視する必要はありません。むしろ性的な興奮を感じづらいことがストレスとなり、さらに症状を重くする場合があります。
性行為やパートナーに対する不安はオーガズムを阻害する原因の1つです。ストレスを軽減してリラックスすることが不感症を改善するためには重要となります。

婦人雑誌などで行われたアンケートでは、一般的な女性の過半数は性行為時にオーガズムに達していないという結果が出ています。
女性がオーガズムに達するためには、性行為に対する不安を取り除きスキンシップなどを十分に行う必要があります。
性行為においてオーガズムに達しないことが、必ずしも異常というわけではありません。

女性が不感症になる原因として性行為に慣れていないことや、オーガズムを感じる余裕がない、スキンシップが不足しているなどを挙げることができます。
パートナーとの信頼関係を築くことが不感症を改善するために重要です。
女性の体はすぐに性的な刺激を感じるわけではなく、スキンシップなどの前戯が必要とされます。
十分な前戯を行い、リラックスした状態で性行為を行なうことが不感症の改善につながります。

不感症には先天的、後天的原因があります

不感症の原因には先天的なものと後天的なものが存在します。体質的に性的刺激を感じづらい人もいれば、感じやすい人もいます。
不感症の後天的な原因には様々なものがあります。性行為に慣れておらず、行為自体やパートナーに対する不安を感じている場合には性的な刺激を感じるのは困難です。
体の冷えやホルモンバランスの不良も不感症の原因とされます。さらに病気療養のために服用している薬の影響で不感症となる場合もあります。

女性が不感症を改善するためには、まずリラックスすることが重要です。
性行為の経験を重ねて慣れることやパートナーへの不安を解消することに加えて、性行為時には十分な時間をかけてスキンシップを行います。

冷え症を改善することも不感症対策として有効です。体が冷えると性感帯の感度が低下します。
女性は性的な刺激を受けて快感を覚えるほど体温が上がります。体温が上がると膣分泌液が分泌され、スムーズに性行為ができます。
手足が冷えると体温が上がらないため、膣分泌液の分泌も少なくなり性的感度が鈍くなります。

冷え症はホルモンバランスの乱れが原因とされます。生理不順や体調不良でホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなります。
エストロゲンの不足により自律神経が乱れ冷え症が発症します。
ストレスや睡眠時間、生活習慣などを改善することでホルモンバランスを正常化すれば冷え症を治すことができます。

病気や怪我などの治療で使用した薬の副作用で不感症となる場合もあります。特に抗うつ薬を使用すると副作用で不感症となる可能性が存在します。
また避妊薬を常用した場合にも性欲が低下したり、性的な刺激を感じづらくなったりすることがあります。
医師と相談して薬の量を減らしていき、服用を中止すれば不感症を改善できます。